AGA治療における初期脱毛は成功の証

AGA治療というと、薄くなった髪の毛を増やすというイメージが真っ先に思い浮かぶ人が多いでしょう。もちろん、薄毛を解消するためには、髪の毛に増えてもらわなければならないわけですから、AGA治療の目標というか目的というか、そういった意味では、「髪の毛を増やす」という考え方は正しいといえます。
しかし、成功を収めるためには、さまざまな紆余曲折があり、プロセスがあります。AGA治療でもそれはまったく同じです。AGA治療の場合、さまざまな紆余曲折の中に、「初期脱毛」というプロセスが含まれることがあるのです。
AGA治療で一番怖いのが、投与された薬が何の反応も示さないケースです。何らかの反応を示した場合、それが成功の証となるケースも実際かなり多いのです。その代表的なプロセスが「初期脱毛」なのです。
髪の毛を増やしたいのに、初期脱毛だろうと末期脱毛だろうと冗談じゃないと悲鳴をあげたくなる気持ちもわかりますが、それが成功の証であると認識しておけば、たとえ初期脱毛が起こったとしても、不安は小さくなるでしょう。不安どころか、むしろこの先の治療に向けて自信になるかもしれません。
ですから、AGA治療ではある意味、治療の初期的段階であれば脱毛が起こったとしても、それはむしろ成功の証であるととらえるようにしてください。
もちろん、あまりにもこの初期脱毛の期間が長いときには、お医者さんで相談することも必要であるといえますが、お医者さんで治療をしているのであれば、おそらく事前に先生からそういった説明を与えられると思います。もしかしたらその時点で「成功の証」ということばも耳にする機会があるかもしれません。
ですから、AGA治療における初期脱毛に関しては、まずは慌てず、状況を冷静に見極める気持ちが大切です。