AGA治療期間で起きる初期脱毛について

AGA治療と言うのは男性型脱毛症の治療です。

男性型脱毛症は、遺伝子の影響を受けて男性ホルモンのバランスが乱れる事が原因とされており、AGA治療を始める時にはAGAの症状を特定する目的において、遺伝子検査を行う事になります。

遺伝子検査を行った結果、AGAと診断されると、プロペシアとミノキシジルと言った医薬品が処方されて治療を進める事になるのが特徴です。

プロペシアは還元酵素阻害薬と呼ばれる医薬品です。
AGAは男性ホルモンの一種となるテストステロンが、体内酵素の一つでもある5α-還元酵素と結びつくとDHTと呼ばれる男性ホルモンに変換され、DHTがヘアサイクルを乱してしまう事で抜け毛が生じ、薄毛の症状を引き起こすとしており、プロペシアはテストステロンと結びつく5α-還元酵素を阻害して、DHTと言う男性ホルモンに変換させないようにし、ヘアサイクルを正常な状態に戻す作用を持っているのです。

尚、プロペシアを処方する期間と言うのは個人差も有りますが、数か月間と言われているのですが、処方が行われる期間の中で1か月に1度などの割合で通院を行って髪の毛の発毛状態などを確認して治療を進めて行くことになります。

また、治療期間の中でプロペシアを服用し始めた後に初期脱毛が起きるケースが多いと言います。
初期脱毛と言うのはプロペシアが5α-還元酵素を阻害してDHTに変換されないようにしている作用を証明しているものでもあり、成長期の毛は医薬品の副作用により初期脱毛として抜け毛が多くなるのが特徴です。

しかし、初期脱毛が起きる期間と言うのは最初の内のみであり、服用を続けることでヘアサイクルは正常化されていくので、発毛の期待を持つ事が出来ると言われており、初期脱毛によりAGA治療やプロペシアの服用を止めてしまうのは良く無いと言います。